【待ってました!】「ススメ!栃木部」の第二巻が発売

大人気の「ススメ!栃木部」の第二巻が3月15日に発売されました!

作者は「まろに☆え~る」のキャラクターデザインをした『一葵さやか』さん。

今回はついに主人公も栃木部へ入部し、
さらに他県出身のキャラクターを巻き込みながら、
そして地元情報を盛り込みながらの栃木部の活動が見ものです!

(著者が毎日見ている餃子像の意外な過去がツボでした)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

■「ススメ!栃木部」とは

2016年魅力度ランキング46位の栃木県民が
その魅力をアップして全国に知ってもらおう地元を愛して止まない
日光ゆば屋の娘・中禅寺晃(ちゅうぜんじあきら)と、
宇都宮餃子屋のメガネっ娘・堤咲喜(つつみさき)が
栃木県の魅力を向上すべく「栃木魅力向上部」を発足し、
主人公・宮本真都(みやもとまさと)を巻き込み、
報われない努力と汗と涙にまみれながら、
斜め上の方向に突き進んでいく物語。

■「ススメ!栃木部」のキャラクター

中禅寺 晃(ちゅうぜんじ あきら)
中禅寺 晃(ちゅうぜんじ あきら)
高校1年生。日光在住。 実家で営んでいるゆば屋の看板娘。普通の人以上に地元愛が強いため、地味すぎる栃木県を憂い、「栃木魅力向上部(通称、栃木部)」を設立。 だが、その部の存在すらも地味すぎるため、部員が集まらない。 本人はまったくもって「解せぬ」のひと言。いや、あんたのほうが解せないわ。
堤 咲喜(つつみ さき)
堤 咲喜(つつみ さき)
高校1年生。宇都宮在住。晃のクラスメイト。実家は宇都宮餃子屋さん。 好奇心旺盛で、いろいろな機械を発明することが趣味。いたって大マジメに作るが、必ずと言っていいほどヘンテコな機械にでき上がる。本人は「にょほほほ~」でごまかすが、いや、「にょほほ」じゃないから。
宮本 真都(みやもと まさと)
宮本 真都(みやもと まさと)
この秋、私立日光勝道学園(しりつにっこうしょうどうがくえん)に転校して、晃と咲喜と同じクラスに。両親の仕事の関係であちこちと転校が続いたため、とっつきにくい雰囲気をかもしだしているが、じつは中身はそうでないかも? 諸事情により常に空腹気味なので 食につられることが多い。

■「一葵さやか」さんの作品

(pixiv)

(とちテレ まろに☆え~るサイト)
スポンサーリンク
レクタングル(大)